2008年10月10日

ダウ8600割り込む

米市場では引き続き
金融、銀行株が売り込まれたようです。

協調利下げも不十分
との見方が強かったようですね。

7日続落。
クレジット市場はいまだ
混乱し続けているようです。

空売り規制解除も影響したのでしょうか。

ダウ 8579.19ドル −678.91
S&P 909.92ポイント −75.02
ナスダック 1645.12ポイント −95.21

シカゴ日経平均先物終値/円建 8535円
大証終値比 −665円

さて今日の東京市場は
米株大幅安を受けて、
日経平均は8000円台で
下値模索となると見られています。
オプションSQにもあたりますが、
小幅買い越しと見られ
影響は小さいと・・・。

日経平均予想レンジは
8500円−9000円

為替予想レンジは
ドル98.50−101.00円付近
株安によるリスク回避の円買いが
強まった流れが続いているようです。

G7を控えたショートカバーが
活発化する可能性もあるそうな。

為替の荒い値動きには
ボーっとさせられます。
この先、75円付近まで下落するか
125円まで急反発するのか
どっちも可能性があると言われても・・・。

今日の外資系証券会社寄り前注文状況は
1390万株の大幅買い越し。

買い越しは7営業日ぶり。

東京市場今日の寄り前板状況は
銀行株が売り優勢。

トヨタ、キャノン、三菱商事、
武田薬品、新日鐵などの主力株も売り優勢。

ブッシュ大統領が10日午前に
安心を呼びかける声明を発表するようです。
安心しろと言われても・・・。
「・・・あらゆる措置を取っている・・・」
そうです。
あらゆる措置ってどんな措置なんでしょう。
更なる、具体案が早く出て頂きたいですね。

では今日も頑張っていきましょう。
posted by ビッキィ at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。