2010年02月01日

今週の東京市場は軟調継続

29日の米株式市場は続落。
ギリシャ、スペイン、ポルトガルの財政問題を巡る懸念や
ハイテク株の売りが。

S&Pは月間下落が前年2月以来の下げとなりました。

第4・四半期米国内総生産(GDP)速報値は予想を上回り
第1・四半期も引き続き回復することを示しました。

ダウ 10067.33ドル −53.13
S&P 1073.87ポイント −10.66
ナスダック 2147.35ポイント −31.65

シカゴ日経平均先物終値/ドル建 10235円
大証終値比 +75円

今週の米市場は
一連の経済指標発表の中でも5日の雇用統計が注目。
ネガティブサプライズでは市場の混乱も。

一連のソブリン債に関しては、
景気回復が妨げられる可能性が懸念されています。
ニュース待ちの状態が続く見込み。
何も起こらなければ買われ始めると言う話も。

ネガティブサプライズの方に大きく傾き、
市場圧迫要因となりそうです。

今週の東京市場は軟調継続の見込み。
ギリシャ債務問題、米金融機関の規制強化、
中国・インドなど新興国の金融引き締めなど
世界的に投資家はリスク回避姿勢を強めています。
円買い基調から日本株は売り先行が予想されています。
一段の円高が進めば1万円割れも視野に。

今週も企業決算が続きますが、
業績改善が強く示されれば市場を支える要因となる可能性も。
ただ、好材料は見送られ、悪材料に反応という展開は
続きそうです。

今週の日経平均予想レンジは
1万円−10500円

今日の東京市場日経平均は軟調もみ合い。
海外市場の地合の悪さ、リスクマネーの収縮を反映。
企業決算の内容で個別銘柄が物色される可能性が。

日経平均予想レンジは
10100円−10300円

為替予想レンジは
ドル89.30−90.50円
クロス円が売られた地合が続く見通しです。

週明け早朝のアジア市場では円が一段高に。
英FSA長官のキャリートレード規制の可能性を示した
発言報道に一時円の買い仕掛けが活発化との声も。

ギリシャ、スペイン、ポルトガルの国債利回りが上昇し
更なるユーロ売りの展開が続けば、
円高圧力がかかり続けると見られています。

外資系証券会社寄り前注文状況は
1020万株の大幅売り越し。

今日の東京市場寄り前板状況は
ソニー、キャノン、東エレなどのハイテク株が売り優勢。
リコール問題のトヨタやや売り優勢。
大手銀行ではみずほが売り買い拮抗。
三菱UFJ、三井住友は買い優勢。

では今日も頑張っていきましょう。

人気の株式情報はこちらから↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

人気の為替ブログはここから↓
にほんブログ村 為替ブログへ
posted by ビッキィ at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

米市場は反落 ハイテク株やギリシャ問題で

米株式市場は反落。
クアルコムとモトローラーの業績見通しが予想を下回ったことで
ハイテク株が売られました。

ギリシャの債務問題を巡って
同国の債務返済能力への懸念からリスク資産の売りが広がりました。

米上院はバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の再任を
承認しました。

ダウ 10120.46ドル −115.70
S&P 1084.53ポイント −12.97
ナスダック 2179.00ポイント −42.41

シカゴ日経平均先物終値/ドル建 10320円
大証終値比 −100円

今日の東京市場日経平均はもみ合いの予想。
米株安と為替が円高気味に振れていることで
朝方は売り先行となりそうです。

一巡後は企業決算を受けて個別銘柄の物色となりそうです。

日経平均予想レンジは
10300円−10500円

為替予想レンジは
ドル89.50−90.50円
ユーロ1.3920−1.4020ドル
前日の海外市場では欧米株安やギリシャ問題を受けて
市場の地合がリスク回避に転じました。

今日も円ドルは上値の重い展開が続きそうです。
90円前半が重く、89円後半では押し目買いも。

外資系証券会社寄り前注文状況は
1660万株の売り越し。

東京市場寄り前板状況は
トヨタは中国でもリコールが明らかになり売り優勢。
ソニー、キャノンなどハイテク株も売り優勢。
大手銀行は三菱UFJ、三井住友が売り優勢。
みずほは売り買い拮抗。

では今日も頑張っていきましょう。

人気の株式情報はこちらから↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

人気の為替ブログはここから↓
にほんブログ村 為替ブログへ
posted by ビッキィ at 08:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

米市場は反発 FOMCの声明に安心感

米株式市場は反発。
このところの米政府や中国などからの
ネガティブなニュースが多かっただけに
FOMCの声明に新しい売り材料が無く、
やや安心感が広がりました。

アップルのタブレット型パソコン「iPad」の発表を受けて
ハイテク株が買われました。

ギリアド・サイエンシスの決算が予想を上回ると共に
2010年の業績にも明るい見通しを示したことも
支援材料となりました。

ダウ 10236.16ドル +41.87
S&P 1097.50ポイント +5.33
ナスダック 2221.41ポイント +17.68

シカゴ日経平均先物終値/ドル建 10350円
大証終値比 +80円

今日の東京市場日経平均はいったん反発。
FOMCの声明を受けた米株高や、
為替の落ち着きから買い先行で始まる見通しです。

ただ、今日午前中に予定されている
オバマ大統領の一般教書演説を前に
発表内容に対する警戒感が広がっています。
高寄り後は上値は重くなりそうです。

日経平均予想レンジは
10200円−10400円

為替予想レンジは
ドル89.40−90.40円
ユーロ1.380−1.2080ドル
米大統領の一般教書演説待ち。
90円台では実需の売りも出てきそうとの声も。

FOMCでは長期間の低金利政策継続に
反対票も出たとして利上げが意識されました。

ロイター調査では
米プライマリーディーラー15社の内
9社が年内利上げを予想、
2011年以降が6社となっています。

MBS買い入れ終了時期について13社が予定通り3月、
8社がフェデラルファンド金利引き上げ前の
公定歩合引き上げを予想しているそうです。

外資系証券会社寄り前注文状況は
150万株の売り越し。

今日の東京市場寄り前板状況は
ソニー、キャノンなどのハイテク株が買い優勢。
米国でリコール対象車の販売・生産一時停止の
トヨタが売り優勢。
大手銀行では三菱UFJが買い優勢。
みずほ、三井住友は売り買い拮抗。

では今日も頑張っていきましょう。

人気の株式情報はこちらから↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

人気の為替ブログはここから↓
にほんブログ村 為替ブログへ
posted by ビッキィ at 08:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

分散投資は常識?FX会社の比較をしてみよう

証券口座を複数持ってない方に、
第2・第3の予備口座を作ることがススメられています。

実際、IPO用・実際の取引用・サブ用と
3口座持っている方が多いようですね。

取引用口座・サブ口座・万が一に備えてもう1口座を開設。
システムトラブルに対応するには複数の口座を備えるべし。
また、取引内容によって
複数の口座を持つのも賢い選択と言うことです。

投資の基本は「タマゴをひとつの籠に入れるな」。

と言うことでしょうか。

ではどのようにFX会社を選べばいいのでしょうか。
その決め手の一つとしてオススメしたいのが
FX比較サイト。

例えば「ALL外為比較」なら
9つの比較項目で現在最大45社の
取引サービスを比較することができます。

初心者向け情報で比較

取扱商品で比較

その他商品で比較

手数料・スプレッドで比較

証拠金・入金サービスで比較

取引機能・サービスで比較

投資情報ツールで比較

注文機能で比較

モバイルで比較

スワップポイントで比較

などの項目で自分にあったFX会社を
じっくりと調べることが出来ますし、
気になる会社にその場で資料請求も可能。

自分にメリットの大きい分散投資の実践へ向けて、
FX会社の乗り換えを考えている方にも、
もちろん、
これからFXを始めようと考えている方にもオススメです。
まずは無料で資料を集めてみることから、いかがでしょう。

ALL外為比較
posted by ビッキィ at 10:38| 号外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米市場は小反落 規制巡る警戒感など

米株式市場は小反落。
一部企業の堅調な決算や
1月の消費者信頼感指数が3ヶ月連続で上昇し
2008年9月以来の高水準になったことなどから
序盤軟調だった株価は上昇に転じました。

ただ、規制を巡る警戒感や
27日に予定されている
米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表や
オバマ大統領による一般教書演説を控えて、
終盤は下げに転じました。

FOMCは金利を据え置くとの見方が大勢のようです。
オバマ大統領のの一般教書演説の方が関心は高いようです。

ダウ 101094.29ドル −2.57
S&P 1092.17ポイント −4.61
ナスダック 2203.73ポイント −7.07

シカゴ日経平均先物終値/ドル建 10370円
大証終値比 +30円

今日の東京市場日経平均は軟調もみ合いの見通し。
日本時間明日28日に出る米連邦公開市場(FOMC)の
結果と大統領一般教書演説の内容待ちとなりそうです。
今日は動きづらいと見られています。

中国の金融引き締めや米国の金融規制への警戒感も。

市場は引き続き底値を探る展開になりそうです。

日経平均予想レンジは
10200円−10450円

日経平均下値めどは
75日移動平均線の10134円程度か。

今日は引け後に
キャノン、ヤフー、日立建機、NECエレクトロニクスなどの
決算が発表される予定。
キャノンは2010年12月期は
3期ぶりの増収増益になりそうとの報道も。

為替予想レンジは
ドル89.20−90.20円
ユーロ1.4020−1.4120ドル
ユーロ125.60−126.90円

海外市場では、
中国予定していた一部銀行の貯金準備率引き上げが
実施されたことを受けて、
世界景気の回復が減速するという懸念から、
ドルと円が買い戻される展開になりました。

今日はFOMCを控えて動きづらいと予想されています。

ただ、前日の流れを引き継ぎ円が買われ安いとも。
FOMCを控えていったんは円安に振れるかもとも。

外資系証券会社寄り前注文状況は
310万株の売り越し。
売り越しは5営業日ぶり。

今日の東京市場寄り前板状況は
トヨタが買い優勢。
ソニー、キャノンなどのハイテク株は売り優勢。
大手銀行は三菱UFJ、みずほが売り買い拮抗。
三井住友は売り優勢。

では今日も頑張っていきましょう。
人気の株式情報はこちらから↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

人気の為替ブログはここから↓
にほんブログ村 為替ブログへ
posted by ビッキィ at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。